沿革

主な歴史はこちら

当社が営業の基幹とする東京国際空港は、1952年(昭和27年)米国から返還され、名称もそれまでの東京飛行場から「東京国際空港」に改められました。
そして、わが国の空の玄関として再発足することになり、首都東京を控えた国際空港としての体制を整えることが急務となりました。 これを受け、ターミナルビルにつきましては、財界主要企業の協力の下、民間資本により建設、管理することとなり当社が設立されました。設立後の沿革につきましては、次のとおりです。

1953年7月 資本金1億5千万円をもって民間資本により設立、直ちにターミナルビル計画に着手
1955年5月 ターミナルビル竣工開館し、賃貸業および物品販売業開始
1964年9月 東京オリンピック開催に伴う国内線到着専用ターミナルビル工事竣工
1964年10月 免税品販売業開始
1970年5月 新国際線到着ターミナル工事竣工
1973年2月 成田国際空港ターミナルの保守管理業務受託開始
1978年3月 成田国際空港に成田営業所開設
1978年5月 成田国際空港開港に伴い免税品を含む物品販売業およびホテルあっせん等開始
1990年2月 東京証券取引所市場第二部に上場
1991年9月 東京証券取引所市場第一部に上場
1993年9月 羽田第1旅客ターミナル供用開始
1994年7月 関西国際空港に大阪事業所開設
1994年9月 関西国際空港開港に伴い免税品販売業務受託開始
1998年3月 羽田国際線旅客ターミナル供用開始
2001年2月 羽田国際旅客チャーター便就航
2002年5月 羽田国際線旅客ターミナル増改築工事竣工
2002年12月 羽田空港国内線利用航空旅客数年間6千万人達成
2003年11月 羽田⇔ソウル(金浦)国際旅客チャーター便就航
2004年7月 本社を千代田区丸の内から羽田空港内に移転
2004年12月 羽田第2旅客ターミナル供用開始
2005年2月 中部国際空港開港に伴い中部営業所開設
中部国際空港開港に伴い免税品の卸売開始
2007年2月 羽田第2旅客ターミナル南ピア供用開始
2007年9月 羽田⇔上海(虹橋) 国際旅客チャーター便就航
2007年12月 P4簡易立体駐車場供用開始
2008年4月 羽田⇔香港 国際旅客チャーター便就航(特定時間帯)
2009年4月 新空港法により空港機能施設事業者に指定
2009年10月 羽田⇔北京 国際旅客チャーター便就航(特定時間帯)
2010年8月 P4本格立体駐車場供用開始
2010年8月 羽田第2旅客ターミナルⅢ次計画増築部竣工
2010年10月 羽田第2旅客ターミナル本館南側拡張部分供用開始
2010年10月 新国際線旅客ターミナル供用開始(PFI事業)
2010年10月 暫定国際線旅客ターミナルビル閉館、P5供用終了
2011年1月 羽双(成都)商貿有限公司(連結子会社)を設立
2011年11月 羽田空港第1旅客ターミナルビルリニューアル工事竣工
2013年4月 羽田空港第2旅客ターミナルビル南ピア増築部供用開始
2014年3月 国際線旅客ターミナル拡張部供用開始

主な歴史はこちら

ページの先頭へ