ごあいさつ

羽田空港の“あるべき姿”を追求し、世界No.1空港を目指してまいります。

皆さまにおかれましては、平素よりご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

当社グループにおいては、近年増加傾向にある訪日外国人を取り込み、物品販売業を中心とする業績は順調に推移しました。一方、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催決定による羽田発着枠の拡大等に伴う大規模設備投資の発生、免税事業を中心とする訪日外国人の購買需要低下リスクへの対応、さらに進展する空港経営改革への対応など、新たな課題にも鋭意取り組んでおります。

こうした課題をふまえ、当社グループは、長期ビジョンとして「To Be a World Best Airport」を掲げております。いよいよ来年に控えた東京オリンピック・パラリンピック、さらにその先を見据え、羽田空港の“あるべき姿”を追求し、あらゆるステークホルダーの皆さまから世界で最も評価される空港、世界No.1空港を目指してまいります。

代表取締役社長執行役員兼COO 横田 信秋

ページの先頭へ