WORKS近年の取り組み

当社では、長期ビジョン「To Be a World Best Airport」の実現に向け、2016年から東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年までの5年間の中期経営計画「To Be a World Best Airport 2020」を策定し、「羽田空港の“あるべき姿”の追及」、「強みを活かした事業領域の拡大・収益多元化」、「収益基盤再構築・競争優位の確立」という戦略の3本柱を軸に、さまざまな取り組みを進めています。

OUR PROJECT

  • 国際線旅客の増加を見込んだ
    国際線施設の整備・拡張

    羽田空港国際線発着枠拡大に向け、第2ターミナルにおける国際線対応施設の整備工事および国際線(第3)ターミナルの拡張工事を行いました。

  • 羽田空港第1ゾーン
    整備事業に参画

    2020年7月初旬には大規模複合施設「HANEDA INNOVATION CITY(通称HICity)」がまち開き(先行開業)する予定です。

  • 羽田空港で培ったノウハウを
    国内外の空港で展開

    国内では熊本空港、海外ではパラオ国際空港(パラオ)や新ウランバートル国際空港(モンゴル)の運営事業に参画しています。