店舗・施設・イベントインフォメーション

「空気の港 ~テクノロジー×空気で感じる新しい世界~」展開催のお知らせ(10/9~11/3)

「空気の港 ~テクノロジー×空気で感じる新しい世界~」展
開催のお知らせ(10/9~11/3)

会期 平成21年10月9日(金)~11月3日(祝・火)
時間 10:00~19:00
場所 羽田空港 第1旅客タ-ミナルおよび第2旅客タ-ミナル
入場 無料
主催 日本空港ビルデング(株)
東京大学「デジタルパブリックアートを創出する技術」プロジェクト
特別協賛 京浜急行電鉄(株)、(株)乃村工藝社
特別協力 (株)日本航空、全日本空輸(株)
協力
(50音順)
アバゴ・テクノロジー(株)、(株)エアロテック、NEC ディスプレイソリューションズ(株)、カラーキネティクス・ジャパン(株)、スカイネットアジア航空(株)、スカイマーク(株)、(株)スターフライヤー、(有)ディレクションズ、デザインプレスギルド、東京エレクトロン デバイス(株)、東京モノレール(株)、東芝ライテック(株)、東洋紡績(株)、ナショナル セミコンダクター ジャパン(株)、北海道国際航空(株)ほか
後援 国土交通省 東京航空局

日本空港ビルデング株式会社と東京大学「デジタルパブリックアートを創出する技術」プロジェクトは、羽田空港第1、第2旅客ターミナル内において、メディアアートの新しいジャンル「デジタルパブリックアート」の展覧会『「 空気の港 」~ テクノロジー×空気で感じる新しい世界~』を開催いたします。

本展は、産学連携のプロジェクトであり、年間6,500万人以上のお客様が行き来する羽田空港というパブリックスペースで実現したこれまでにないアート作品展です。「テクノロジー×空気」で感じる新しい世界を東京大学の廣瀬通孝を中心とする技術研究者とアーティストの鈴木康広が互いに知恵と技術を駆使し、空港という広大な公共空間で作品を展示する画期的な試みです。

さまざまな思いを抱いた人々が行き来する「空港」という場所が、視覚、聴覚、触覚を楽しませてくれる場所、自らの日常を振り返る、心の奥底に潜んだ感情や記憶の扉をノックする「空気の港」に―。新しいパブリックアートの世界をお客様に感じ取っていただきたく、本展を共同開催いたしました。

本展を機に、デジタルパブリックアートの基礎技術となる研究成果をご紹介するとともに「メディア」 「パブリックアート」 「情報技術」「コミュニケーション」の未来をともに考え、見て、聞いて、触れて新しい驚きと感動を感じていただければと考えております。

東京大学「デジタルパブリックアートを創出する技術」プロジェクトは、科学技術振興機構の戦略的創造研究推進事業(CREST)「デジタルメディア作品の制作を支援する基盤技術」研究領域に採択(平成16~21年)にされた研究提案です。

展示作品のご紹介

以下のご案内は、展示作品の一部です。

空気の人

「空気」の存在に改めて気づく作品
極薄のハイテク素材を用いた作品。中にヘリウムガスが入っており、周囲の空気のゆらぎに呼応してゆらゆらと動く。空間を満たす「空気」という存在を可視化するとともに、人型をしている風船が揺らめく姿は、見る人の様々な感情をかき立てます。

出発の星座

空港の天井に星空が出現!
視覚の残像効果を利用した光の作品。飛行機の離陸時刻と目的地情報を取得し、約3分に1本、飛行機が羽田空港から出発するのと同じタイミングで、天井には光の飛行機が飛んでいきます。羽田空港第1旅客ターミナルが出来た日の星空通りにLEDが配置されています。

呼吸する空港

CO2で人の活動量を量る
人の呼吸に含まれるCO2は、活気のある場所を知る指標にもなります。CO2センサーを空港内の各所に設置し、計測したデータをネット経由で空港内の「若い芽のひろば」に情報を転送します。「若い芽のひろば」にはマップを設置、その上に映像を投影し、現在どの作品がにぎわっているかを表します。

木陰のスクリーン

鳥の離発着
ソファーに腰掛けてふと上を見上げると、回転するプロペラに映し出された映像が目に入ります。スクリーンに見立てたプロペラには、空港を離発着する飛行機を「鳥」として表現した映像を表示します。空港に発着する飛行機とソファーに居合わせた人たちをつなぐ映像インスタレーション作品です。

未来の足跡

一歩先の未来へ
ある人が来た方角、歩いている速度をリアルタイムに画像認識し、その人が次にどこへ行こうとしているのかを計算。その方角を「未来の足跡」前方にプロジェクターで表示します。自分の未来が見えるような、今の自分が遅れているような、時をまたぐふしぎな体験です。空港という場所だからこそ感じられる、自分の「行き先」を再認識できる作品です。

まばたきの葉

空港内に美しい葉が舞う
木を思わせる装置の中に、開いた目、閉じた目が裏表に描かれた紙の葉っぱを入れると、葉が装置の上部からバラまかれます。空中でくるくると回転する紙の葉は、アニメーション効果でまばたきをしているようにみえます。葉が舞い、自分を包み込む感覚、葉に描かれた目と目が合う感覚は不思議なもの。

Please watch your step

天から聞こえる声
エスカレーターに乗り降りする時に発せられる「Please watch your step」という足元に注意する音声が、日頃当たり前になっていることをあらためて問いかけるメッセージに聞こえてきました。エスカレーターを通過する人に展示作品に関わるメッセージを指向性スピーカーでピンポイントに投げかけます。利用客が自分自身の内なる世界を訪ね、自分自身を再認識できる作品です。

自針と分針

自分が時計の針になる
人がいる間だけ「針」が現れる時計です。時計の前方にある足マークの位置に立つと、カメラが人をとらえ、その人の映像が時計の針となって表示されます。人が立ち去ると針はゆっくりと消えていきます。空港という場所で自分がいないと動かない時計を目の当たりにして、「自分の時間」や「自分と時計」の関係をあらためて意識できる作品です。
【本件に関するお問い合わせ先】 「空気の港」実行委員会
展覧会に関するお問い合わせ
日本空港ビルデング TEL.03-5757-8090 または、03-5757-8520
作品、技術等に関するお問い合わせ
東京大学「デジタルパブリックアートを創出する技術」プロジェクト TEL. 03-5452-5190

TOP